Qbee 03

カラフルなラインナップで好評を得た「Qbeeシリーズ」。 日本でのライフスタイル、日本国内仕様へのカスタマイズ、そしてカラーリングをコンセプトとした製品シリーズとしており、シンプルでユーザーが満足できるスペックを実現するPC ケースを目指しております。 

今回、その「Qbeeシリーズ」に新モデル「Qbee 03」が登場です。

「Qbee」で掲げたコンセプトはそのままに、「Qbee 03」では「メンテナンス性」と「冷却性」という、自作PCユーザーが多く要望する点を考慮したモデルとなっております。

■製品特徴

 

  • コンパクト、カラー、キュートの3要素を継承
  • 特徴ある開閉構造-easy access system-
  • 冷却性の向上を目指したフロントファンマウント
  • 小型プラットフォームでは充実のストレージ構成
  • 幅広いCPUクーラー、拡張カードへの対応
  • 清潔感あるホワイト、爽やかなミントブルー、シックなナイトブラック

※新色ナイトブラックが追加されました(2015.9.15.)

 

■コンパクト、カラー、キュートの3要素を継承

Qbeeシリーズの基本コンセプト「コンパクト」「カラー」「キュート」は「Qbee 03」でも継承されています。

コンパクト:
電子部品やデバイスのスペックアップにともない、製品のコンパクト化が求めらるのは、電子機器では通過儀礼と言えます。 PCケースにおいてもその傾向が強く現れ、小型PCケースの市場形成とともに、高い要求を求められることも少なくありません。 「Qbee 03」では、(W)229mm-(H)328mm-(D)240mmというケースサイズに、可能な限りの要望を詰め込みました。

カラー:
この数年、自作PCケースのトレンドカラーはブラックであるという事実は否定できません。しかし、それは閉塞感に通じてしまっている可能性も否定できません。 Qbeeシリーズでは、カラフルなラインナップを揃えることによって、閉塞感の打破と個人の自己主張を目論んでいます。

キュート:
無骨なデザイン、西欧風な固いデザインが多く見受けられるPCケース。”かっこいいPCケース”という側面は持つものの、ユーザー判断の難しい側面も持ち合わせています。 “Qbeeシリーズ”では、これとは逆に、シンプルと言われるPCケースを採用し、カラーリングを決定。結果、だれもがキュートと思える製品シリーズに仕上げております。

 

 

■特徴ある開閉構造-easy access system-

前モデル「Qbee 02」では、コンパクト性を最優先とした結果、メンテナンス性をオミットする必要がございました。

「Qbee 03」では、ユーザーに許容されるコンパクト性を維持しつつ、メンテナンス性にも焦点をあて、フロント・トップパネルを同時に開閉させる-easy access system-を持つケースを採用し改良を加えております。

容易な開閉システムは、組み換えを楽しむユーザーだけではなく、様々なユーザーに利点を与えます。例えば、PCの敵として存在するホコリやチリ。これらは、PC内部で堆積し、ケース内のエアフローを妨げるのは言うまでもなく、各部の放熱を妨げます。

easy access systemでは、PCケースを容易に開閉することが可能なため、定期的なメンテナンスや清掃に有用なシステムになっております。 「(ネジを)はずす、(カバーを)開ける、(内部を)メンテする」 ユーザーはこれだけの動作でPC内部にアクセスすることが可能となります。

 

 

■冷却性の向上を目指したフロントファンマウント

小型PCケースでは、冷却構造が犠牲にされることも多くあります。

「Qbee 03」では、自然吸気を強化するため、サイドパネル前部に吸気スリットを施し、更に、フロントパネル裏には120mmファンをマウントするギミックを施しております。

別売りの「Qbee 03 ファンキット」を用いることにより、手軽な増設が可能となっております。自然吸気スリットとファンの増設により、より強力なエアフローを発生させることが可能となり、発熱性の高いCPUや拡張カードを搭載した際でも安心してお使いいただけるシステムが構築できるようデザインしております。

 

■小型プラットフォームでは充実のストレージ構成

Mini-ITXプラットフォームのPCケースでは、搭載するストレージデバイスに制限が発生することが多々あります。

「Qbee 03」でもその制限が発生するのは事実です。しかしながら、「Qbee 03」ではユーザーも満足いくストレージ搭載数を目指しております。

フロントパネル裏:2.5″HDD x3 または 2.5″ HDD x2 + 3.5″ HDD x1(※) 下部HDDケージ:3.5″HDD x2 または 3.5″HDD x1 + 2.5″ HDD x1 ※ファンマウント時:2.5″HDD x1 + ファン ストレスの無い日常使いのPCとするのであれば、SSD+HDDというハイブリッドな構成に。

データ保管がメインのサーバー的な用途とするのであれば、3.5″ HDDを主体に。 ユーザーご利用目的によって、様々なストレージ構成にすることが可能です。

   

 

■幅広いCPUクーラー、拡張カードへの対応

「Qbee 03」では拡張性も考慮しております。

CPUクーラーは最高180mmまでの製品に対応しており、ハイエンドCPUクーラー(一部を除く)も搭載することが可能です。 オプションファンの代わりに、大型サイドフロータイプのCPUクーラーを搭載し、より強力な自然吸気と内部エアフローを発生させるという使い方も可能です。

拡張スロットが2スロットとなっている「Qbee 03」ですが、Mini-ITXマザーボードの標準的な拡張カードスロットが1スロットであることから、無意味と思われがちです。 この2つの拡張スロットは、2スロット仕様のビデオカードや拡張カードへの対応を想定しております。拡張カードの長さも最長210mmまでのカードが搭載できるため、ミドルレンジクラスのビデオカードやRAIDカードなどの搭載が可能です。

電源スペースは、PCケースでは一般的なATX(PS/2)規格準拠製品に対応。 また、その奥行きも200mmまで対応となっており、一般的なPC用電源でであれば、ほとんどの製品が搭載可能となっております。 更に、昨今では一般化しつつプラグイン式電源を用いれば、狭いPCケース内でも最低限の配線で済むため、メンテナンス性、そしてエアフローも最善のものとなるでしょう。

 

■清潔感あるホワイト、爽やかなミントブルー

 「Qbee 03」のカラーラインナップは、ホワイト、ミントブルー、ナイトブラックの3色をご用意。

どちらも、暑い夏を迎えるにあたって、涼しげな印象を与えるホワイトとミントブルー。

ホワイトカラーは、清潔感があり、軽い印象を与え、また室内の他の製品とのカラーコーディネートもしやすいという特長をもっています。

ミントブルーは、ホワイト以上に爽やかな印象を与えることは言うまでもありません。夏に向けた涼しげなコーディネートを施すことにより、室内をより一層クールに仕上げます。シックに決めたい方にはナイトブラックがおすすめです。

PC周辺機器とのマッチングはもちろんのこと、さりげないレイアウトが可能です。(2015.09.15.追加)

※画像は開発中のものとなっております。実際の製品には、フロント左上に製品ロゴが入ります。
製品名 Qbee03-SNOW WHITE Qbee03-MINT BLUE Qbee03-NIGHT BLACK
製品型番 Qbee03-SNOW WHITE Qbee03-MINT BLUE Qbee03-NIGHT BLACK
JANコード 4560214538592 4560214538578 4560214538585
カラー ホワイト ミントブルー ナイトブラック
製品寸法 (W)229mm – (H)328mm – (D)240mm
製品重量 2.5Kg
素材 ボディ アルミニウム
ウィンドウパネル
5.25インチベイ
スリムODD
3.5インチベイ 外部
内部 フロント:x1 / HDDケージ:x2 ※一部排他仕様
2.5インチベイ 外部
内部 フロント:x2 / HDDケージ:x1 ※一部排他仕様
搭載ファン フロント 出荷時 オプション 120mm x1(※)
リア 120mm ×1 120mm ×1
トップ
サイド
ボトム
外部I/Oポート USB3.0 x2 / HD-Audio
拡張スロット数 2
対応マザーボード Mini-ITX/Mini-DTX
電源ユニット 無し/ATX(PS/2)規格電源搭載可能
拡張カードスペース 210mm
CPUクーラースペース 180mm
電源ユニットスペース 200mm
製品パッケージサイズ・総重量 (W) 280mm – (H) 371mm – (D) 303mm / 3.5Kg
備考 オプションフロントファンは、「Qbee 03 ファンキット」(別売り)にて増設可能
各デバイスの制限サイズにご注意ください。
画像は開発中のものとなっております。実際の製品には、フロント左上に製品ロゴが入ります。
製品の仕様は予告なく変更される場合がございます。

オプションFANキト                                                           Qbee 03 FAN KIT

SFX電源                                                                           TESLA CUBE SFX

クイックマニュアル(PDF)                                                            ダウンロード